【2021年】1冊でOK!Dockerのオススメ本を現役が解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはインフラエンジニアのしょうです!(元プログラマー)

この記事では

  1. Dockerに興味が湧いたが何から学べばいいか分からない
  2. Docker初心者でも分かりやすい入門本が知りたい
  3. Dockerで環境構築ができるようになりたい

こういった悩みを現役エンジニアの僕が解決していきます。

 Dockerの書籍を選ぶ際に抑えておきたい3つのポイント

  • Docker初心者の方は本1冊でOK!
  • Docerなどのインフラ関連は図解が多いほうが理解しやすい
  • ハンズオンで学ぶと理解が深まるので、Kindleもオススメ!

上の3つのポイントを抑えた上でこの記事を読んでいくと、Docker本選びの失敗を避けやすいかと!

ハンズオン=実際にコマンドを実行したりなど手を動かし学んでいく

スクロールできます
書籍名(略称)オススメ度初心者向け価格出版日
Docker&Kubernetesのきほん2982円 2021/2/1
docker基礎からのコンテナ構築2970円2020/6/11
しょう

この記事では2冊紹介しますが、この中で1冊だけ読めば十分ですよ^^

ではDockerのオススメ本について解説していきます。

記事の内容

仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん

 こんな方にオススメ!

  • 対象者:Docker完全初心者の方
  • 特徴①:図解やイラストが豊富にあり分かりやすい
  • 特徴②:基礎からしっかりと学べる
  • メリット:Dockerの基礎が学べて初心者にとって分かりやすい構成となっている

こちらの本はDockerの基礎を一通り学ぶことができる1冊となります。

図解やイラストも豊富で、お堅い本が苦手な方はこちらのDocker本がオススメです。

2021年に出版されたDocker本で中身が古い情報なんてことはないので安心して読み進めていくことができますよ。

書籍の内容
  • Dockerとは何だろう
  • Dockerが動く仕組み
  • Dockerを使ってみよう
  • Dockerにコンテナを入れて動かしてみよう
  • Dockerに複数のコンテナを入れて動かしてみよう
  • 応用的なコンテナの使い方を身に付けよう
  • Docker Composeについて学ぼう
  • Kubernetesについて学ぼう

docker基礎からのコンテナ構築

著:大澤 文孝, 著:浅居 尚
¥2,673 (2021/06/09 06:39時点 | Amazon調べ)

 こんな方にオススメ!

  • 対象者:Docker完全初心者の方
  • 特徴①:図解があり分かりやすい
  • 特徴②:AWSのEC2を利用してDocker環境を構築する
  • メリット:Dockerの基礎が学べて初心者にとって分かりやすい構成となっている

こちらの本もDocker初心者向けの本となっています。

AWSのクラウドサービスを利用してDocker環境を構築する内容があるのが大きな特徴。

AWSを実務で使う方や、DockerだけでなくAWSにも興味がある方にオススメのDocker本です。

書籍の内容
  • コンテナの仕組みと利点
  • Dockerを利用できるサーバーを作る
  • 5分でWebサーバーを起動する
  • Dockerの基本操作
  • コンテナ内のファイルと永続化
  • コンテナのネットワーク
  • 複数コンテナをまとめて起動するDocker Compose
  • イメージを自作する
  • Kubernetesを用いたコンテナ運用

【お得】Docker本がKindle Unlimitedで激安で見れる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 66d5c5489601c944657a864cdace4256.png

アマゾンのKindleUnlimitedを利用すれば月額980円で200万冊以上の本が読み放題でかなりお得です。

KindleUnlimitedはDockerだけでなくインフラ、AWS、プログラミンに関する書籍も見つかります。

しょう

Dockerの本を購入する前に、KindleUnlimitedで興味のあるDocker本がないか探したり、Kindleで読むのが自分に合っているか試すのもオススメですよ^^

初めてKindleUnlimited利用する方はキャンペーンで1ヶ月無料だったり、3ヶ月99円で利用可能だったりします。

モニターなど複数画面がある方は、Kindleの方が学習しやすい方もいると思います。

»»KindleUnlimitedのお申し込みはこちらから

  • Docker以外の技術本も月額980円で読むことができる。

【まとめ】Dockerのオススメ本|読み終えたら公式ドキュメントも見よう

今回ご紹介した本を1冊読めばDockerの基礎知識は十分身につきます。

Docker初心者の方は本を1冊だけ購入すれば十分です。

スクロールできます
書籍名(略称)オススメ度初心者向け価格出版日
Docker&Kubernetesのきほん2982円 2021/2/1
docker基礎からのコンテナ構築2970円2020/6/11

そしてDockerの本を読み終えたらDockerの公式ドキュメントも見てみましょう。

Dockerの基礎知識がある状態でドキュメントを見ればかなり理解しやすいかと。

しかも日本語翻訳がされておりかなり見やすいです!

しょう

Dockerで分からない箇所があれば、ドキュメントを見ることで参考になる部分が見つかると思いますよ^^

Dockerは動画で学ぶのもかなりオススメです!

詳しくは『UdemyでオススメのDockerコース3選』の記事をご覧ください。

Udemyはセール時に1000円代で購入できる動画講座。エンジニアの多くが書籍だけでなくUdemyを活用しています。

DockerにはLinuxの技術が使われていたり、AWSなどのクラウドサービスにDockerを取り入れたりなど1つの技術を学ぶことで他の技術にも役立つ知識が得られたりするんですよね。

インフラやAWSを学びたい方は下の記事も併せてご覧ください。

これでDockerオススメ本の解説は終わりです。

Twitterにてブログの更新などもツイートしているので、気軽に絡んでください^^

ではまた!

記事内容が参考になったと感じた方!

@sho-infra-noteをメンションして、記事のURLを入れて感想ツイートをくれた方はもれなくRT or リプします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

@sho-infra-noteをメンションして感想ツイートをくれた方はもれなくRT or リプします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる