MENU
しょう
インフラエンジニア
28歳の東京在住の元プログラマーで現役インフラエンジニア。インフラエンジニア、 AWS、派遣エンジニアの魅力やIT資格の勉強方法などブログに公開中。

インフラエンジニア転職にポートフォリオいらない?現役SEが解説!

こんにちはインフラエンジニアのしょうです!

この記事では

  1. インフラエンジニア転職にポートフォリオは必要か知りたい
  2. 未経験からインフラエンジニアに転職する方法が知りたい

上記について現役インフラエンジニアの僕が解説していきます。

僕自身インフラ未経験からインフラエンジニアを目指していた時期がありました。

結論インフラエンジニアに転職する際にポートフォリオは必要ありません。

ポートフォリオを作成に時間をかけるよりもインフラ資格取得に時間をかけたほうが転職に役立ちます。

未経験からインフラエンジニアを目指す方法やおすすめな資格も合わせて解説するのでご安心ください。

ではさっそく解説していきます。

記事の内容

インフラエンジニア転職にポートフォリオは必要ない?

冒頭でお伝えしたように未経験からインフラエンジニアに転職する際にポートフォリオは必要ありません。

ポートフォリオを作成するより資格を取得したほうが転職に役立ちますし、資格勉強していく中でインフラの知識を学ぶことができます。

 ポートフォリオより資格取得がおすすめな3つの理由

  1. ポートフォリオより資格取得のほうが転職に役立つ
  2. 資格取得でインフラ知識が学べる
  3. 勉強方法が確立していて迷わない

①:ポートフォリオより資格取得のほうが転職に役立つ

採用側の視点で見れば簡単に分かりますが、資格取得のほうが採用者が評価しやすいです。

それに未経験が作るポートフォリオのレベルで高評価を得るのはかなり難しいかと。

インフラエンジニアはプログラマーと違い、未経験からの転職で資格がかなり評価されますよ。

しょう

僕は資格を8つ取得していますが、今でも仕事を探す際に資格が評価されているのを実感しています。

インフラエンジニアを目指す際におすすめな資格は下記の3つです。

インフラエンジニアにおすすめな資格3選

  1. LPIC
  2. CCNA
  3. AWS SAA(クラウド)

資格取得順番や各資格の詳細は『インフラエンジニア資格取得おすすめ順番&資格3選&メリットを解説』の記事をご覧ください。

②:資格取得でインフラ知識が学べる

資格勉強する中でインフラの知識が学べるので実務にも役立ちます。

資格取得で転職に役立ち、実務にも活かせるので一石二鳥です。

③:勉強方法が確立していて迷わない

例えばポートフォリオを作成するとなったら、何から勉強すればいいか?必要な知識はなにか?何を作るべきか?など具体的に決まっていないので何から取り組むべきか悩んでしまいます。

しかし資格勉強なら勉強方法が確立しているので、取り組むのが容易です。

しょう

僕自身8個資格を取得しているので、各資格の最短で合格できる勉強方法を記事にしているので参考にしてください^^

 勉強方法が確立しているからこそ、ポートフォリオを作るよりも資格取得のほうが簡単で転職にも役立ちますよ。

次に未経験からインフラエンジニアになる方法を解説していきます。

未経験からインフラエンジニアに転職する方法

未経験からインフラエンジニアを目指す際はLPICやCCNAなどのインフラ資格を1〜3つ取得し、転職活動をするのがおすすめです。

仕事を探す際に、正社員求人と派遣求人の2種類で仕事を探したほうが満足いく転職ができますよ。

未経験からインフラエンジニアに転職する方法

  1. インフラ資格を1〜3つ取得する
  2. 正社員求人と派遣求人で仕事を探して転職活動を始める

具体的な転職方法については『未経験からインフラエンジニアになるには?現役SEが徹底解説!』の記事をご覧ください。

僕が未経験の際に知りたかったことを全部解説しているのでかなり参考になるかと。知っているか知らないかで年収も大きく変わります。

この記事ではポートフォリオよりも資格取得のほうが転職に有効だとお伝えしていきました。

これは僕が実際に資格を複数取得し、転職活動をして分かったことです。

これからインフラエンジニアを目指している方はぜひ参考にしてみてください。

転職活動を応援しています^^

ではこれで解説を終わりますね。

Twitterにて日々の進捗やブログの更新などツイートしているので、気軽に絡んでください^^

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気軽にフォローしてください😊
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる