MENU
しょう
インフラエンジニア
28歳の東京在住の元プログラマーで現役インフラエンジニア。インフラエンジニア、 AWS、派遣エンジニアの魅力やIT資格の勉強方法などブログに公開中。

時給500円UP!エンジニア派遣会社を4つ厳選してみた|2022年

こんにちはインフラエンジニアのしょうです!(元プログラマー)

この記事では

  1. オススメの派遣会社を知りたい
  2. 派遣の案件が途切れない方法を知りたい
  3. 派遣エンジニアの時給を上げるコツが知りたい

上記について現役派遣エンジニアの僕が解説していきます。

僕はインフラ未経験の状態で時給2000円の案件に参加し、約半年後には時給500円上がり2500円になりました。

そこで今回、時給が高い案件を紹介してくれてかつ案件が豊富な派遣会社を厳選して4つご紹介します。

しょう

派遣エンジニアで時給を上げるコツもお伝えしていきますね^^

この記事を見終える頃には、

派遣エンジニアの時給を上げる方法と必ず登録しておくべき派遣会社を知ることができます。

この記事はインフラエンジニアとプログラマーの両方に当てはまる内容となっています。

はじめに派遣について詳しく知りたい方は『派遣エンジニアとは?リアルな年収や仕事内容を現役SEが解説』の記事をご確認ください。

記事の内容

エンジニアに特化したオススメ派遣会社4選

それでは派遣会社を複数登録したことがある僕が、派遣会社を4つに厳選してお伝えしていきます。

派遣エンジニアを目指し時給を上げていきたいと考えている方は、最低でもこの4つの派遣会社は全て必ず登録しておきましょう。

しょう

4社登録することで良い競争が生まれるので間違いなく給料は上がりますし、仕事の選択肢も自然と増えます。

スクロールできます
派遣会社名特徴求人数
パーソルテクノロジースタッフ求人数も豊富で福利厚生がトップクラス約2900
リクルートITスタッフィング営業力がトップクラス約1500
Modis未経験でも仕事が見つかる約1800
エンジニアガイド求人数がトップクラス約5000

①:パーソルテクノロジースタッフ|dodaグループで求人数も豊富で福利厚生がトップクラス

dodaグループの中で、IT派遣エンジニアに特化しているのがパーソルテクノロジースタッフです。

今回紹介する中で最も歴史のある派遣会社なだけあって求人数もかなり多いですね。(1973年設立)

昔から派遣に特化しているだけあって時給が高いのは当たり前で、僕が見てきた中で1番福利厚生が充実していると感じました。

しょう

入社した日から有給がもらえるのはありがたい^^

経験者の方はもちろん、未経験の方も良い案件を紹介してもらう確率を上げるために登録しておきましょう。

»パーソルテクノロジースタッフの登録はこちらから(登録や案件紹介など全て無料)

②:リクルートITスタッフィング

リクルートグループの中で、IT派遣エンジニアに特化しているのがリクルートITスタッフィングです。

リクルートといえば転職する際に最も知名度が高い会社と言っても過言ではないと思います。

時給の高さや、提案してくれる案件が自分の希望とマッチしていたりなど、さすが大手だなーと実感しました。

派遣エンジニアを目指すなら登録必須です。

»リクルートITスタッフィングの登録はこちらから(登録や案件紹介など全て無料)

③:Modis

Modisは同じ客先常駐でも、派遣か正社員か雇用形態を選ぶことができます。

しかも未経験でも派遣 or 正社員の雇用形態で、エンジニアとしてキャリアをスタートすることができるのが大きなポイント

 Modisはアデコグループで信頼度も抜群で、仕事の紹介も早く対応が丁寧な印象を受けました。

»Modisの登録はこちらから(登録や案件紹介など全て無料)

④:エンジニアスタッフィング|求人数がNo1

IT派遣エンジニアに特化した派遣会社がエンジニアガイドです。

プログラマーやインフラの仕事が豊富にあるので未経験でも経験者でも案件が見つかりますよ。

実際に利用すればわかりますが、求人数がトップクラスです。

時給が高いのも嬉しいですし、未経験向けの案件も紹介してもらいましたよ!

»エンジニアガイドの無料登録はこちらから(案件紹介なども全て無料)

エンジニア派遣会社を活用し時給を上げる4つのコツ

では実際に半年で時給が500円上がった僕が、時給を上げていくために意識している4つのことを解説していきます。

誰でもできるとても簡単なことなのでご安心ください。

ただ派遣会社の方とお話ししている感じだとできている人がかなり少ない印象です。

これから解説することは経験者や未経験の方にも当てはまります。

派遣エンジニアで時給を上げる4つのコツ

  1. 自分のやりたい仕事を明確にしておく(できるだけでOK)
  2. エンジニア派遣会社からの連絡は当日中に返信する
  3. 職歴書や派遣会社のスキル登録項目をしっかり埋める
  4. 派遣会社を複数登録する

では1つずつ解説していきます。

①:自分のやりたい仕事を明確にしておく(できるだけでOK)

派遣会社に登録すると必ず通話する時間帯を決めて、希望条件などヒアリングする機会があります。

希望すれば直接会って面談も可能な場合もある

まず自分のやりたい仕事がどんなものなのかある程度話せるぐらいには決めておきましょう。

例えば

  • プログラミングだったらどの言語の現場が希望なのか?
  • インフラだったらサーバ系 or ネットワーク系が希望なのか?

明確に決まっていない方は上記のようにざっくりで良いので決めておくことで、紹介してくれる案件のミスマッチを防ぐことができます。

②:エンジニア派遣会社からの連絡は当日中に返信する

エンジニア派遣会社からの返信は当日中には返信しましょう。(遅くとも次の日までには)

これは派遣会社の方と話していたときに感じたのですが、「しょうさんは連絡が当日中に返信が来るので助かります。」と言われたことがあります。

質問してみると返事が遅くて困ったり、返信がずっとない人もいるみたいです笑

職歴や履歴書、その他の提出を求められた場合もできるだけ当日中に返信しましょう。

遅れる場合は遅れることを連絡しておくのがオススメです。

僕は派遣会社の方とのやりとりは当日中に必ず返信するようにしています。

どちらに良い案件を紹介したくなるか?

  • 返信が遅い人
  • 返信を当日中か次の日までにしてくれる人

どう考えても返信が遅い人より、速い人の方に対して良い案件を紹介したくなりますよね。

そもそも返信が遅いと派遣会社の人が客先(案件先)の方との面談の調整とかもできなくて困ってしまいますから。

連絡はしっかりしておくことをオススメします。

しょう

その方が自分のためにもなりますし、結果的に相手のためにもなります^^

③:職歴書や派遣会社のスキル登録項目をしっかり埋める

エンジニア派遣会社に登録しログインすると、スキルの登録項目があります。

経験者の方はもちろんですが、未経験の方も埋められるも項目はしっかりと記載してきましょう。

人が足りなくて困っている現場は未経験でも採用される可能性がありますし、未経験の方でも職歴書や登録されているスキル項目を見て面談まで進むかが決まります。

経験があればエクセルとかでも必ず記入しておきましょう。

少しでも良い案件が紹介してもらえるようにアピールできる部分は全て記載するのが基本です。

派遣会社に登録後も1年に1度ぐらいはスキルの登録項目や職歴書を更新していくのも効果的ですよ。

④:派遣会社を複数登録する

エンジニア派遣会社オススメ

派遣会社は必ず複数登録しましょう。

複数登録しておけば仕事が見つかりやすいのも大きなメリットです。

そして複数登録しておけば良い競争が生まれて、より良い待遇や時給が高い案件を紹介してくれるようになります。

派遣エンジニアとして良い案件で働きたいと考えている方は、最低でもこの4つの派遣会社は必ず登録しておきましょう。

そして時給を上げるコツもお忘れなく!

派遣エンジニアで時給を上げる4つのコツ

  1. 自分のやりたい仕事を明確にしておく(できるだけでOK)
  2. エンジニア派遣会社からの連絡は当日中に返信する
  3. 職歴書や派遣会社のスキル登録項目をしっかり埋める
  4. 派遣会社を複数登録する

未経験の方でも今回紹介したやり方で派遣会社の方とやりとりしてエンジニア経験も積んでいけば、必ず良い案件が見つかるようになりますよ。

しょう

僕は仕事を紹介してくれる派遣会社の方を仕事のパートナーだと思って普段から接しています^^

この記事が派遣エンジニアのキャリアアップの参考になれば嬉しいです!

Twitterにて日々の進捗やブログの更新などツイートしているので、気軽に絡んでください^^

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気軽にフォローしてください😊
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる