【作り方も解説!】プログラミングで作りたいものがない時の解決策

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはインフラエンジニアのしょうです!(元プログラマーでした)

この記事では

  1. プログラミングで作りたいものがなくて困っている
  2. ポートフォリオで何を作ればいいか悩んでいる
  3. どうやってプログラミングで作っていけばいいか悩んでいる
  4. 初心者でもプログラミングで作れる具体的なものを知りたい

元プログラマーの僕がこういった悩みを解決していきます。

プログラミングを学ぼうとする時に実際に何か作るということは、学習スピードが高まり勉強のモチベーションを保てることを実感しました。

プログラミングでポートフォリオなど何か作りたいことができたら以下のようなメリットがあります。

  • プログラミングについての理解が深まる
  • 勉強する意欲が湧く(楽しくなる)
  • 転職で活用できる
しょう

ただ僕自身プログラミングを学び始めた当時は、何を作ればいいか悩んでいた時期がありました。

この記事では初心者の方でも、プログラミングで作りたいものが見つかるようにこれから解説していくのでご安心ください。

合わせてプログラミングでポートフォリをなど作る方法もお伝えしていきます!

記事の内容

プログラミングで作りたいものがないのは当たり前!

前提としてプログラミングで作りたいものが中々見つからないのは普通なことです。

なぜなら僕自身そうですが、Facebookやメルカリのようなすでに作りたいものがあってプログラミングを始める人が少ないから。

プログラミングを始める理由は人それぞれなので特に問題はありません

プログラミングを学習したり、プログラミングで作られたものを実際に見ていくことで、作りたいものが見つかります。

プログラミングで作りたいものがないときの解決策を紹介!

作りたいものがない=イメージが湧かないということ

どの分野もそうですが、イメージが湧かないということはその分野に関しての情報に触れていないことが原因です。

なのでプログラミングで作りたいものを見つける際は、プログラミングに関する情報にたくさん触れればいいだけ。

そこで今回はプログラミングで作りたいものを見つける方法は2つ紹介します。

 プログラミングで作りたいものを見つける2つの方法

  1. 本で探す
  2. 自分が普段から使っているサイトやアプリからヒントを得る

①:本で探す

Amazon楽天などであなたが学習しているプログラミング言語で検索し、興味のある本を見つける。

その中で興味がある本を複数見つけたらメモして、実際に本屋さんで立ち読みすればOKです!

あくまで作りたいもののイメージを掴むのが目的なので、本を購入する必要はありません。

作りたいものが本に載っていたらもちろん購入しても大丈夫です。

②:普段から使っているサイトやアプリからヒントを得る

普段使っているサイトやアプリをメモに書き、サイトやアプリにどんな機能があるか書き出していくと作りたいもののイメージが掴めます。

(例)インスタグラムの機能を書き出していく

  • 写真投稿(新しい情報の追加)
  • 投稿削除
  • いいね
  • 保存

身近なサイトやアプリの機能を書き出し、全てを実装する必要はありません。

複数のサイトやアプリの機能を書き出していくと、共通している機能や、これなら実装できそう!というのが分かってくると思います。

【言語別】プログラミングで作り方を学ぼう

プログラミングで作りたいもののイメージが湧いても、初心者の場合はどうやって作れば良いか分からない方もいると思います。

そこで言語別にプログラミングを学べる動画講座をご紹介していきます。

初心者の方がプログラミングを学ぶなら、本より動画講座の方が圧倒的にオススメできます。

 プログラミング初心者に動画講座がオススメな3つの理由

  1. 画の通りに進んでいけば、初心者の方でもつまずきにくい(挫折しづらい)
  2. 説明しながらコードを書いていく様子を見れるので理解しやすい
  3. Udemyの動画講座なら本より安い

断言していいですが、プログラミングを学ぶならはじめは本より動画がオススメです。

実際にどうやって作っていくのか?コードを書く過程を説明付きで学べるのは、初心者にとってかなり勉強の助けになるはず。

動画講座はUdemyがオススメです!

Udemy は学習意欲の高いエンジニアの多くが知っている動画教材です。

Udemyはセールが毎月のように行われて、1000円代で良質な教材を購入することができます。セールを逃さないためにも登録(無料)だけはしておきましょう。

Udemyはセールが毎月のように行われて、1000円代で良質な教材を購入することができます。

セールを逃さないためにも登録(無料)だけはしておきましょう。(肌感ですが月に1度はセール日が来る)

セール時にはメールがくるのですぐに分かりますし、初めて利用する方はすぐにセールが開始されると思います。

Udemy講座で失敗しない講座の選び方3選

  1. 評価が4以上
  2. 受講生が1000名以上
  3. 講座の内容をみて自分に合っているか確認する

評価4以上で受講生が1000名を超えていれば、それだけ質の高い講座だということ。

セール時で購入すれば1000円代なので、Udemy講座のコスパの良さに驚くはずです。

ただしはじめはとりあえず、自分に合った1つの講座だけ購入すれば十分です。

しょう

Udemyは購入して1ヶ月以内であれば返品もできるのでご安心ください

これからJava、PHP、Ruby、Pythonごとに各言語ごとにUdemy講座を複数紹介していきます。

JavaをUdemyで学ぶなら

【 5日でできる】はじめての Java プログラミング入門は8時間以上のボリュームがあり、評価も4以上なのでJavaを学びたいなら購入して損はないかと。

Java超初心者でも大丈夫!挫折させないJavaプログラミング講座~基礎固め編~【大人気YouTube講座の完全版】

上記の講座は13時間以上のボリュームがあり、YouTubeの動画でも一部見ることができます。

ただしこの講座だけはUdemyのセール中でも値段が下がらず3600円のままなので注意が必要です。(この記事で紹介する講座はこの講座以外は全てセールで1000円代で購入できます。)

講座内容と値段を比べてどちらを選択するか決めればいいと思います。

PHPをUdemyで学ぶなら

PHP+MySQL(MariaDB) Webサーバーサイドプログラミング入門

たにぐちさんはプログラミングに関して書籍も出しており、内容がとても分かりやすいのでオススメです。

PHPも学べてフレームワークのLaravelも同時に学びたい方は、PHPからLaravelまで サーバーサイドをとことんやってみよう【初心者から脱初心者へ】【わかりやすさ最重視】 の講座がオススメです。

RubyをUdemyで学ぶなら

Rubyの講座は下の2つの中から1つ購入すればRubyや、プレームワークのRuby on Railsの基礎を十分に学ぶことができます。

『フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座』はDockerについても少し触れています。

内容もとても分かりやすいです。

インターネットに公開するまでの手順も動画で学びたいなら、『はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう』がオススメです。

PythonをUdemyで学ぶなら

今回4つの言語の中で1番Pythonの講座が充実しています。

ここでは2つ紹介しますが、Udemyの検索欄からPythonで検索し色々見てみてください。(良質な講座が多くてかなり迷うと思います笑)

» 参考:現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

酒井さんはアメリカのシリコンバレーで働くエンジニアです。

講座の質も高く、28時間の講座が1000円代で購入できるのは凄すぎです。

『プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座』はPythonだけでなくフレームワークのDjangoについても学べます。

実際にフレームワークを使ってアプリを複数作っていくので、とても勉強になると思います。

クラウドのAWSを学びたい方は下の記事をご覧ください。

【具体例】初心者でもプログラミングで作れるものを4つ紹介!

初心者でも作れるものを4つ紹介します。

初心者でもプログラミングで作れるもの

  • LPやホームページ(1番簡単)
  • 掲示板
  • ブログ
  • ToDoリスト

どんな機能があればいいか悩んでいる方はCRUD処理を意識してみてください。

基本どのアプリにもCRUD処理の機能が含まれているので、プログラミングの基礎を学べます。

 CRUD処理とは

  • Create (新規作成
  • Read (読み取り)
  • Update (更新)
  • Destroy (削除)

例えばこのブログもCRUD処理の機能が含まれています。

Create=新しい記事を作成する

Read=記事の中身を見る

Update=記事の中身を修正する

Destroy=いらない記事を削除する

【ポートフォリオ】プログラミングで実際に作ったものを2つ紹介!

①webページ(静的ページ)

1つ目は1枚のwebページですね!

HTML、CSS、Bootstrapで見た目を作り、AWSのサービスを利用してネットに公開していました。

上の動画では分からないですがAWSのサービスでS3(ストレージ)、CloudFront(CDN)、Route53(DNS)、ACM(SSL証明書)を利用していいます。

またTerraformというツールを使用しネットに公開する流れを自動化しました。

②掲示板

2つ目は掲示板ですね!

HTML、CSS、Bootstrapで見た目を作り、Rubyで裏側の処理を作りました。

しょう

プログラミングで掲示板やwebページを作ったり、ネットに公開するのはプログラミングのいい練習になりましたよ^^

【ポートフォリオ】動けばOK!徐々に機能・デザインを追加すればいい

プログラミングの練習のためであればまずは動けばOK!

転職のためにポートフォリオを作る方もいると思いますが、そこまで作り込む必要はないです。

採用側は未経験の方に技術力をそこまで期待していないのと、将来伸びてくれればそれでいいと思っているはず。

しょう

未経験の方に経験者と同じ技術力を求める人はほとんどいないかと^^

なので大事なのはこの人は将来伸びそうと思ってもらうことです。

つまり転職する際にポートフォリオが1番大事なわけではないということ。

時間がある時に見た目を良くしたり、機能を付け足すことで学習が深まるのでオススメです。

【まとめ】プログラミングで作りたいものがない時の対策

まとめ

  1. プログラミングに関する情報に触れる(本、ネット、使っているサービスやアプリ)
  2. 実際に作るものをある程度決める
  3. Udemyを活用し動画を見ながらプログラミングを学んでいく
  4. 時間があれば機能やデザインを追加する

プログラミングを学習していく上でオリジナルのwebアプリ(サービス)を作るのはとてもオススメですよ。

プログラミングで作りたいものが見つかる人が増えたら嬉しいです!

ではこれで解説は終わりです。

Twitterにてブログの更新などもツイートしているので、気軽に絡んでください^^

ではまた!

記事内容が参考になったと感じた方!

@sho-infra-noteをメンションして、記事のURLを入れて感想ツイートをくれた方はもれなくRT or リプします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

@sho-infra-noteをメンションして感想ツイートをくれた方はもれなくRT or リプします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる